見積依頼・お問い合わせ ポートフォリオダウンロード

服のシワと質感の描きわけ

カテゴリー: イラスト

服のシワと質感の描きわけ

この記事では、服のシワと質感の描きわけを解説します。 カラーイラストを描く際に壁に直面するのが質感表現です。 キャラの衣装を魅力的に描くためには質感の違いがとても大事になるので、この記事で説明したいと思います。

【シワのつき方の基本】

まずはシワのつき方の基本を説明します。

服のシワと質感の描きわけ02_201116

力や布の流れを意識していきましょう。

ある程度パターンがあるので、パターンさえ覚えれば自然に描けるようなります。

【素材による質感表現の違い】

素材によってどう表現が変わるのか解説します。

固そうか、柔らかそうか、薄いのか、厚いのか…など様々あります。

服のシワと質感の描きわけ03_201116

【まとめ】

いかがでしたでしょうか。

おおよそのポイントは下記になります。

 

・シワができる法則を掴む。

・質感による陰影の違いを表現する。

 

質感の表現を使い分けできると、一気に絵のクオリティや説得力が上がります。

ぜひ、挑戦してみてください。

グランドデザインではレスポンスの向上、迅速な対応に努めております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

052-218-3230【営業時間】 土日祝日除く 10:00-19:00 見積依頼・お問い合わせはこちら
PAGE TOP